姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾 第1話あらすじネタバレと考察

更新日:

 

 

『姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾』をネタバレします♡

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、体に悪いですよ♡

 

 

 

 

あらすじ

 

 

(夢を見ている気がした)

(それはとてもリアルな夢だった)

 

 

(俺には姉がいた たった一人の大切な家族)

(両親が亡くなってから姉は必死に働いて俺を大学までいれてくれた)

(その姉を○していた 気持ち良すぎて頭がおかしくなった)

(何度も腰を打ちつける からだの芯から吐き出る欲望を姉の中に放出しつづけた)

 

 

(誰かに呼ばれる声がする)

(姉のやさしい匂い…)

 

 

「ほら起きなさい」

「もう朝だよ!」

 

 

白がかった頭が鮮明になるとそこにはカーテンを開ける姉の姿がありました。

 

 

「のんびりしてると学校遅刻しちゃうぞ!」

 

(頭がズキズキする…そうだ…昨日の夜…たしか…)

(現実味がなかったけどやっぱりあれは…夢じゃなかったんだ)

 

 

「もう朝ごはん作ってあるからさっさと食べちゃいなさい!」

 

 

「ヒトミ姉ちゃん…あのさ…昨日の夜のこと怒ってないの…?」

 

 

「…怒ってないよ だってタクヤが私のためを思ってしたことでしょ?」

「お酒のせいにしちゃいけないけど…私も悪いところあったし」

「二人だけの秘密で…」

「頑張って子作りするってことでさいいんじゃない♡」

 

 

―――昨日の晩…

 

 

弟君の部屋にピンポーンとインターホンの音が鳴り響きます。

 

 

「おーい♪わたしらぁ~入れろぉ~♪」

 

 

やれやれと扉を開けるとそこには勿論姉の姿がありました。

 

 

「タクヤぁ♡おねーちゃんが弟がちゃんと一人でやってるか様子を見に来てやったぞぉ~♪」

 

(うっ…!酒くさッ)

 

 

酔っぱらった姉をとりあえず招き入れた弟君。

 

 

「はぁ~やっぱりこの家が落ち着くなぁ♡」

「ほら!タクヤも飲め飲め~♪私の酒が飲めんのか~♪」

 

 

弟君の家で晩酌を始める姉。

 

 

そんな姉は弟君が大学入学の時に、姉の働いていた会社の人と結婚をしたのでした。

 

 

しかし、旦那の姑と折が合わず、いやな思いをするとこうして弟君のところにストレス発散にくるのでした。

 

 

そして弟君が今日は何があったのか聞くと…?

 

 

「まだ結婚して4年くらいじゃん?」

「お義母さんがさ~子供はまだかってうるさくてしょうがないんだよね…」

「私だって頑張ってんのにさ~!お母さん私ばっかり責めるんだもん!」

「博樹さん(主人)も仕事忙しいっていつも逃げるしぃ~!」

 

 

(うっ…でた姉の泣き上戸)

 

 

そしてそんな姉を弟君はなんとかなだめます。

 

 

「でもさぁ…このまま子供できなかったらどうしようって不安で…」

 

 

(はぁ…まったくなんて顔するんだよ…姉ちゃんには幸せになってほしいのに…)

 

(なにか俺にできる事…)

 

 

弟君は何かを思いついた様に姉の肩を掴みます。

 

 

「姉ちゃん…妊娠できればいいんだよな?」

「子供さえできればすべてまるく治まるんなら…」

 

 

「わっ…えっ…?どうしたの?」

 

 

弟君はお酒のせいで自分がしようとしている事に抑えが効きません。

 

 

「わっ…わわ…ちょっ…ちょっと何?どうしたの?」

 

 

そして弟君は姉の肩を掴んだまま詰め寄ります。

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、体に悪いですよ♡

 

 

 

 

「俺は姉ちゃんに…幸せになってほしいんだよ」

「でも他に方法が思い浮かばねぇ」

 

 

「!?んっん―~ッ」

 

 

弟君はそのまま姉の唇を奪い、舌を絡ませます。

 

 

(うそ…私…弟とキスしちゃってる…ダメ…酔いが回って…抵抗できない…)

(…こんな恋人みたいな求められるキス久しぶり…)

 

 

(姉ちゃん…すげぇいい匂い…舌も絡ませてくれる)

(トロトロで…ヤバイ…ッ)

 

 

「はぁはぁ…なっ…なに…?どうしてこんなこと…」

 

 

「俺…姉ちゃんのことずっと好きだったんだよ…」

「でも姉ちゃんが結婚して幸せになるならそれでよかった」

「けどさっきの姉ちゃんの顔全然幸せそうじゃなかった」

「俺が…子供作って姉ちゃんの幸せ守ってやる」

 

 

そして弟君は姉を押し倒し、胸を揉みしだきます。

 

 

「わっ!コラッ!バカ放しなさいッ!」

 

 

(ごめん姉ちゃんそんな事言われてももう止められないんだよぉ!)

「はぁはぁこれが姉ちゃんの すごくキレイだよ…」

 

 

―――モミモミ

 

 

「んッ…っく…んんっ…ちょっ…やだ触り方いやらしい」

 

 

「乳首コリコリ勃○しておいしいよ…♡」

「姉ちゃんも感じて気持ちいいんだね?」

 

 

弟君はお姉ちゃんの胸を揉み、吸い、好き放題し始めます。

 

 

「タクヤはちょっと酔ってるだけだから…ね?」

「お水飲んで休みな お姉ちゃん許してあげるから」

 

 

「ごめん姉ちゃん もう…俺途中でやめられないよ…」

「いま服脱がすからね」

 

 

―――ズリ…クチュ…ズププ…クチュ

 

 

「下脱がすからね…」

「ヒトミ姉ちゃんのココすごく濡れてトロトロになってるよ♡」

 

 

「あっ…♡こらぁ…うぅ…はぁはぁ♡…ちょっとッ」

「さわっちゃダメぇ…んっ♡あぁ…アッ…指…中に…んっくッ」

「んッ!はぁはぁ…あうぅ…そんなに激しくかきまわしちゃダメェ…」

 

 

弟君は姉のあそこに指を入れグチュグチュと激しくかきまわします。

 

 

そして弟君も既に下を脱いでおり、姉の視線はどうしてもそこに行ってしまいます。

 

 

(タクヤのあんなにも大きくなってる…すごい…主人よりずっと…大きい)

 

 

そして弟君は中がトロトロになったのを確認し…。

 

 

「はぁはぁ♡俺もう我慢できない もう入れるからね!」

 

 

―――ズププ…

 

 

「うあぁ…♡ヤバイ…なかッ 熱っ…!?」

「これが姉ちゃんのはぁはぁ…すごい…先っぽだけなのに吸いついてくる…ッ♡」

 

 

「んあッ♡あうぅ!んっく…入っちゃってるぅ…はぁはぁ」

(大きいのが私の中押し広げながら…入って…弟の受け入れちゃってる…」

 

 

~つづく~

 

 

「姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾 」1話の感想

 

 

独特の雰囲気のある作品という印象がありますね…!

 

 

独特の空気感というか…!

 

 

基本、ご紹介した通り、なし崩し的ではあるものの、姉弟の甘々近親相姦ものなのですが、二人の関係性の背景が重いせいか、若干インモラルな雰囲気も感じてしまうのは私だけでしょうか?

 

 

お姉ちゃんの方の髪型がショートカットだったり、そういったデザイン的な所も寄与してるのでしょうかね。

 

 

エッチな作品においてインモラルというのはまたそういった所を高めてくれる部分もあるので、ちょっとドキドキしますね、

こういうのに慣れてる私でも…!(笑)

 

 

そして1話の展開としてはわりと早いというか、挿入まで行って終了。

 

 

ここからラブラブ交尾に発展ということで…!

 

 

次話が楽しみです!

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、体に悪いですよ♡

 

 

-きしめん

Copyright© 姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾 ネタバレ&無料試し読み , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.